Φ

2日続けて単位の話です…

製図で使う「Φ(ファイ)」は直径を表す記号ですが、業界が変わると違う意味を持ちます。

幾何学の世界では「角度」の値として。
数学の世界では「黄金比」の値として。
電磁気学の世界では「磁束」の値として。
アマチュア無線の世界では、コールサインに使われる「0」の代わりに。
BOØWYは「O」の代わりに… ※見た目が似てるだけで厳密には違います。

普段何気なく使っている言葉にも色々な姿があると知ると、面白いですよね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓