夜勤と生活リズム

工場や病院、飲食業で働いている方の中には、夜勤をされている方も多いでしょう。
特に二交代制やシフト制で日勤と夜勤を繰り返していると、疲労を取るのも大変ですよね。
夜勤時の生活リズムを整えるための、ポイントをいくつかご紹介します。

●メリハリをつける
 夜勤明けで疲れがたまっていると、ダラダラしたくなりますよね。
 しかし過度な睡眠をとってしまうと体内時計が崩れ、疲れが取りにくくなったり、出勤時のリズムが崩れがちです。
 休みの日も睡眠時間は大きく変えず、食事の時間も普段と同じように心がけると体への負担が少なくなります。

●睡眠前の食事は要注意
 日中の睡眠は環境音、温度、明るさ(太陽光)などの影響で、眠りの質が悪くなりがちです。
 眠っている間にお腹に食べ物があると、消化にエネルギーを使ってしまうため、更に睡眠の質を落とす要因になります。
 肉や油など高カロリーの食材より、野菜など低カロリーで栄養素が豊富な食事の方が、体にとってエコロジーです。

 ちなみに、入浴時もお腹に食べ物が入っていると、体温を消化に使ってしまいます。
 体を温めて一日の疲れを取りたい場合は、入浴後に食事を取るほうが効果的ですよ。

●外出時は日光を浴びすぎない
 人間のメカニズム上、日光をたくさん浴びると、夜眠くなるようになっています。
 出勤日直前の休日には、サングラスを着用したりなど、体内時計を整える工夫をした方が仕事への影響が少ないですね。

 

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓