働き方改革② ~高齢者の活躍~

国勢調査の結果と推計で、次のデータが公表されています。

【2005年】60歳~:20~64歳 = 1.0 : 3.0

【2030年】60歳~:20~64歳 = 1.0 : 1.7

【2055年】60歳~:20~64歳 = 1.0 : 1.2

 

高齢者(60歳以上)の人を支えている生産年齢者の割合です。
30年後には、ほぼ1:1の比率まで落ちてしまいます。

出生率を上げて人口を増やすのも大きな課題の一つですが
同時に、高齢者に再度社会で活躍してもらうのも生産力向上に繋がります。

 

各市町村にあるシルバー人材センターに登録されている方も多いですが
シルバー人材センターは60歳代~80歳代まで幅広い年齢の方が登録されているため、希望の仕事にたどり着くのが難しい場合もあるようです。
(傾向として事務、警備、清掃などの軽作業が多いようですね)

工場などの現場作業では、60歳~70歳の方も戦力として歓迎されます。
「希望の仕事が見つからない」「高収入の仕事をして年金の足しにしたい」などの要望がございましたら
当社BRICSの人材派遣事業部までご相談ください!

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓