専業主夫が増えている!

2005年、専業主婦(710万人)と専業主夫(2万人)と350倍以上もの人数差がありましたが
2010年には専業主婦(690万人)と専業主夫(6万人)とその差は115倍まで縮まりました。
日本の男性のうち0.1%(1000人に1人)が該当することになりますね。

5年で3倍にも増加した専業主夫ですが、その背景には2008年のリーマンショックや
女性の社会進出が更に進んだことが関係していると考えられます。

法整備も追いついてきています。
「遺族年金」の対象が、これまで『妻と未婚の子ども』だけだったのが
2014年より『子のある夫』も受け取ることができるようになりました。

 

一方アメリカでは、専業主夫は200万人もいると言われています。
アメリカ人男性の実に1.2%(1000人に12人)が該当するため、
日本との文化・制度の違いに驚かされますね。

 

生活の仕方、働き方は人それぞれですが、人生何があるかわかりません。
リスク回避のためにも、兼業主夫になったり、勉強をして資格を取得したりなど
万が一に備えておくことが大切ですね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓