3種類の『疲労』

どんな仕事でも毎日続けていると疲労が溜まります。
疲労は原因ごとに大きく分けて3つあると言われており
『肉体疲労』『精神疲労』『神経疲労』に区分されます。

肉体疲労は、一般的な疲労のイメージ通りです。
筋肉に蓄積した乳酸によって筋肉痛、コリ、体が重いなどの症状を引き起こします。
ストレッチや体操などの準備運動によって、その症状を和らげることができます。

精神疲労は、ストレスが原因のものです。
現代社会において一番多いと言っても過言ではありません。
体を休めるだけでは疲労は取れず、リラックスをすることが最重要です。
少し運動をしたり、趣味に没頭したり、入浴したり、気を静めることがキーになります。

神経疲労は、自律神経の乱れによって引き起こされます。
「やる気が出ない」「イライラ」「偏頭痛」「冷え性」「目の疲れ」「寝つき・寝起きが悪い」など、その症状は多岐に渡ります。

自律神経の乱れは、季節の変わり目にある大きい気圧の変動であったり
ストレス、生活習慣、ホルモンバランスなど、様々な要因が複雑に絡みあっています。

気圧などは中々対処が難しいのですが、生活習慣を整えることで、ある程度改善されると言われています。

・日々の睡眠時間を一定に保つ(起床はレム睡眠の時間帯を狙う)
・食事を取る時間を決める
・毎日少しでも良いので運動、ヨガ、ストレッチをする
・こまめに休憩をとる
・寝る前に布団の中でスマホをいじらない
・休日に一日中寝ない

日々の小さな積み重ねが大事です。健康を心掛けましょう。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓