リフトとエレベータの違い

大まかにいうと、リフトは貨物用、エレベータは人荷用の区分けとなります。

 

【リフト】
・人が乗ることは法律で固く禁じられている。
・エレベーターより安価である
・検査義務がない

 

【エレベータ】
・人の運送向け「常用エレベータ」、人荷対応の「人荷共用エレベータ」、病院で使う「寝台用エレベータ」などがあります。
・年1回の性能検査、月1回の点検義務がある。
・年1回の検査は国の指定期間または登録者のみが行えます。
・災害時や緊急時の安全対策に厳しい基準がある

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓