準社員という雇用形態

就職活動をしていると、稀に「準社員」という雇用形態の求人が出ています。
正社員や契約社員との違いは何でしょうか?

・法律上の定義はない
 ⇒正社員、契約社員は法律で定めのある雇用形態ですが、準社員は違います。
  企業が設けた独自の雇用形態となるため、具体的な定義は企業ごとに異なります。

・契約社員とも明確な違いはない
 ⇒契約社員のことを準社員と呼ぶ企業があります。
  そうでない場合も、契約内容によっては準社員と契約社員の明確な違いがないことも多いようです。

・何のために準社員という雇用方法があるのか
 ⇒正規雇用と非正規雇用の中間、いわゆる使い勝手の良い雇用形態として扱われやすい立場です。
   責任は正社員と同じ、でも待遇は契約社員と同じ… ただ、契約社員より正規雇用への道が短い、といった利点もあるようです。

 

仕事をする上で職務内容・業務内藤だけでなく、雇用形態も確認しないと知らない間に損な雇用契約を結んでしまう恐れもあります。
一人で決めずに、家族や友人、ハローワークや弊社などに相談のうえ慎重に決断しましょう。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓