実は外国語だった日本語【ポルトガル語】

普段口にしている単語、日本語だと思って使っている言葉。
実は元々、外国語だったものが紛れています。

日本語とポルトガル語の仲はかなり古く、日本に初めて訪れた白人がポルトガル人です。
1543年に種子島に漂着したことがはじまりです。

それをきっかけに1世紀に渡って南蛮貿易が行われ、異文化が日本へ大量に流入しました。
この時にポルトガル商人が持ち込んだ商品や日用品、文化を初めて目にした日本人が、ポルトガル語の単語をそのまま日本語として取り入れました。

今でも使う日本語の中から、ポルトガル語由来のものを幾つか紹介します。

 

【天ぷら】
味付けをするという意味の「Temperar(テンプラール)」。日本の代表料理名の由来がポルトガルとは意外ですよね。
16世紀の日本では油は高級品だったため、「油を大量に使って食べ物を揚げる」という方法そのものがポルトガル譲りです。

【ありがとう】
同じ意味のポルトガル語「Obrigado(オブリガード)」
本当かどうか不明ですが、ポルトガル語圏では有名だそうですよ。

【たばこ】
同じ意味の「Tabaco(タバコ)」

【カッパ(合羽)】
戦国時代に来日したキリスト教の宣教師が着ていた「Capa(カッパ)」
妖怪の「河童」も宣教師の髪型と一致しているので関係性は深いと思われます。

【じょうろ】
水の噴射という意味の「Jorro(ジョーホ)」もしくは水差しを意味する「Jarra(ジャーハ)」

【おんぶ】
肩を意味する「Ombro(オンブロゥ)」

【チャルメラ】
オーボエの一種「Charamela(シャラメーラ)」

【バッテラ(鯖寿司)】
小舟を意味する「Bateria(バッテイラ)」

【かぼちゃ】
カンボジアを意味する「Comboja(カンボジャ)」

【かるた】
トランプを指す「Carta(カルタ)」

【金平糖】
砂糖菓子という意味の「Confeito(コンフェイト)」

 

※あくまでも諸説ある中の一例です。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓