「ものづくり」と「モノづくり」

製造業に携わっていると「モノづくり」という言葉を耳にする機会が多いと思います。
ひらがなの『もの』とカタカナの『モノ』で微妙に意味が異なります。

 

■ものづくり

ひらがなの場合は漢字の「物」とイコールです。
生産される形あるもの、つまり製品ですね。商品ではなく製品であるのがポイントです。
見た目の情報そのものを指します。

 

■モノづくり

カタカナになると「価値」を含めたニュアンスを持ちます。
モノは商品ということですね。「それを使うことでどんなメリットがあるのか」までを内包した言い回しです。

 

身近なもので考えると次の様に置き換えられます。

□携帯電話
もの:いつでも通話ができる装置
モノ:仕事や生活を豊かにするツール(スマートフォン)

□腕時計
もの:時間を気軽に確認できる装置
モノ:狂わない、防水、かっこよさ、スマートウォッチ

□包丁
もの:食材を切る道具
モノ:鋭い切れ味、軽い、美しさ

 

全て手作業で作る職人技も、最新鋭の機械で作る製品も、すべては利用者を満足させることに価値を見出し成長しています。
製造業界はアイデア・視点一つで大きい価値を生み出せる素晴らしい世界です。
「モノづくり」のチャンスは目の前に広がっています!

カテゴリー:TOPICS, モノづくり事業部, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓