「安全第一」には続きがある!?

工事現場や工場で目にする「安全第一」の四文字。
四字熟語かと思いきや、実は続きがありました。

安全第一
品質第二
生産第三

語呂も良いので日本生まれの言葉かと思いきや、アメリカ発祥です。英語では「Safety-first」といいます。
1900年代初頭のアメリカでは、不景気のせいもあり労働環境は劣悪でした。
当時は「生産第一、品質第二、安全第三」の考え方で、危険な作業をする人々は文字通り命がけで働いていたのです。実際に労働災害が多発していました。

その状況下、当時世界最大規模の製鉄会社『USスチール』の社長であった『エルバート・ヘンリー・ゲーリー』氏が労働者たちの苦しむ姿に心を痛め、熱心なキリスト教徒であった彼は人道的見地から「安全第一、品質第二、生産第三」を経営方針としたのです。

この方針が実行されると労働災害はたちまち減少し、結果的に品質・生産性も向上しました。

 

現代日本では安全第一の意識が広がり、労災ゼロ連続日数を記録している企業も多くあります。
その負の面として過度な啓蒙活動により、実際に労働災害が発生した際に「会社に迷惑がかかる」と考え、労災を隠してしまうケースも問題となっています。
改めて「安全第一、品質第二、生産第三」として教育・指導することが重要ですね。

カテゴリー:TOPICS, モノづくり事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓