結婚の時期

5月1日から新年号の令和を迎えるため、平成のうちにと「駆け込み入籍」が増えているそうです。
結婚と言えばヨーロッパ発祥で、日本でもジューンブライドとして6月に入籍・挙式をする人が多いです。
なぜ6月にこだわるのでしょうか?

 

■ギリシャ神話

ギリシャ神話では暦の1月から6月までの月を守る紙がいるといわれ、その中でも6月の神と言われているのが女神ユノです。
ユノは英語で「June」と書き、6月を指す英語の由来になっています。
この女神ユノは結婚・出産・育児の象徴とされており、6月に結婚すれば女神ユノの加護をうけ幸せな結婚生活ができるといわれています。

 

■ヨーロッパ伝統

中世ヨーロッパでは3~5月の3か月間は農業の繁忙期で、農作業の効率を上げるためにこの3ヶ月間の結婚は禁止されていました。
そのため解禁月の6月になると結婚をするカップルが多かったことと、繁忙期を過ぎた時期なので多くの人々に祝福されることの2点から幸せな結婚の象徴になったとか。

 

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓