電話が苦手な人の克服方法

新卒で新たに社会人になった人も、大半が研修を終え現場に出ていると思います。
新社会人はどんな仕事もはじめてばかりで大変なことが多いですが、営業・事務などの業務で意外と苦手な人が多いのが「電話対応」です。
今回は苦手に感じてしまう原因と、克服するための方法をいくつかご紹介します。

 

■電話が苦手な原因

・面と向かって話すことには抵抗はない人は、電話だと相手の顔が見えないので言葉選びに自信が持てなくなる
・メールやLINEに慣れすぎて瞬時に言葉選びをすることができない
自分の時間をとられてしまうことが嫌だ
・見ず知らずの人と話をすることがそもそも苦手
・会話を周囲の人に聞かれるのが嫌だ

 

■苦手を克服するコツ

・上司や先輩などの電話対応を真似してみる(ロールプレイなどが効果的)
・電話はかならず利き手と逆の手で取り、要点をメモする(覚える)くせを作る
・顔を見ることができる相手であれば一度でも良いので顔を見て会話しておく
折り返し電話はなるべく避け、自分のタイミングでかける
・緊張して内容が頭に入ってこない時は「申し訳ございませんがこちらの電話の調子が悪く、もう一度お願いします」と言う。
・一人でかかえこまず、保留にしたりこちらから折り返しにして、誰かに内容を相談してから落ち着いて返事をする

 

電話だと上手く話せない人は非常に多いですし、特に営業職では印象を下げてしまうのでもったいないです。
数をこなして身に着かせるという面では、電話のロールプレイは非常に効果的といえるでしょう。
苦手な人はぜひ実践してみてください。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓