工程

製造業で働く人や、プロジェクトに携わる人にとって当たり前の「工程」という言葉。
逆にそれらに携わったことのない人はピンとこない事もあるでしょう。

クオリティの高いものになればなるほど、一つの商品・プロジェクトの完成に時間がかかります。それだけ数多くの段階を踏んで作業を行う必要があります。
工程とは、製造工場や開発現場において作業を細分化したもので、作業を進める順序を示すために設定されるものです。
全ての従業員が何をいつまでもすれば良いのかを理解することで、正確な見積りの算出問題の可視化などが出来るようになります。

製造現場での工程は大雑把に言い表すと次の3つです。
・作業者がものを運搬
・機械への取り付け、取り外し
・加工、組立
これらの工程をいかに効率よく行うか考え実施することを工程管理といいます。

 

工程管理の目的は
・製品の品質維持
・納期厳守
・生産期間の短縮
・生産性向上
・仕掛かり在庫の低減
・コストの削減
といった、最終的な「顧客満足度の向上」につながります。

企業という組織が生産活動を完全に機能するために工程は無くてはなりません。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓