2030年の製造分野

人工知能(AI)の発展に伴い、2030年には第4次産業革命ともいわれる、AIによる産業構造の変化が予想されています。
こと日本においては2025年に人口の1/4が高齢者になり、より一層社会に変化が起こりそうです。
カナダ発の予想ですが、2030年に予想される産業の変化を見てみましょう。

 

■買い替えより修理が増える

輸送コストや人件費の高騰で、これまで買い替え>修理だったものが修理>買い替えとなる。
例えば家具や家電といった家具家財類は、3Dプリンターなどで修理コストが減るためその代表となる見込み。

 

■リサイクルを前提とした製品設計になる

経済においてリサイクルの重要度が上がり、製品設計の段階で部品の再利用可能性を考慮する必要性が高くなる。

 

■3Dプリンターで家がすぐ建つ

中国などでは既にテストが行われていますが、災害や紛争地域など緊急事態に一時的な建物を作るため3Dプリンターが使われるようになる。

 

■アップサイクリング

新しい形のリサイクルで、廃棄物をより良い品質の製品に変えること。
例えば古い歯ブラシをアクセサリーに、古紙を肥料やマットなどに作り替えるなど。
製品の製造プロセスの副産物からアップサイクリングするための材料選びや、その専門家の職種需要が増える。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓