「給与前払い」ビジネス

派遣会社は給与前払い制度を導入している企業が多いですが、最近になってIT・飲食・運送会社・商社・小売り等幅広い企業で「給与前払い」サービスの導入に活気づいています。

この給与前払いサービスは銀行などの金融機関が行う新しいサービスで、労働者本人が自分のスマホを使って申請を行います。
従業員の規模が多い企業では自社で前払い制度を導入してしまうと管理に時間もコストも取られてしまうため、このようなアウトソーシングビジネスが活気になっています。

 

ではなぜ最近になって導入企業が増えたかといえば、人手不足と貧困層の増加です。

多くの企業で人手不足が深刻なため、求人情報は膨大な量が展開されています。
そのため中には異なる企業であるのに、似たり寄ったりな内容になることもしばしば。
求人情報に「給与前払い制度あり」とうたえば他の企業との差別化に繋がり、前払いのある会社は応募数が他より3~4倍も多いそうです。

もう一つの原因である貧困層の増加は、今述べたように目に見えて金銭的に困っている貧困層が増えたことを記しています。
賃金水準が低くなり、余裕のない労働者が多いのです。
正社員と非正社員(アルバイト等)の年収の差は平均して3倍になるとも言われています。
スキルと責任のある正社員の賃金が高いのは必然ですが、フリーター等でずっとアルバイトをして目先の生活だけを追い続けても未来は改善されません。

BRICSでは未経験からの転職をサポートする制度が整っています。
主に製造業対象にはなりますが、スキルと責任能力を身に付けなければ金銭的な自分の将来を変えることはできません。
自らの意思で新しい環境に飛び込みチャレンジする人をBRICSはいつでも歓迎していますので、是非お気軽にご連絡・ご相談ください。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓