10月からの消費税10%と軽減税率

今年2019年の10月より消費税が10%へ引き上げられます。
増税に伴い「軽減税率」「経過措置」の措置がありますが、今回は私たちの生活に深くかかわる軽減税率について紹介します。

軽減税率とは、消費税の増税により低所得者の負担が大きくなるのを防ぐために『日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する』という考え方に基づき、特定の品目に対して8%の税率が据え置きされるルールです。

今回は飲食品量(酒類などの贅沢品を除く)新聞(週2回以上発行の商品限定)に軽減税率が適用されますが、特に外食に関して定義がとても細かく分類されているため、少しでもお得に買い物・食事が出来るよう重要なポイントを把握しましょう。

 

外食にあたるもの=10%

外食にあたらないもの=8%

 

例① 牛丼屋・ハンバーガー店
10%:店内飲食
8%:テイクアウト

例② コンビニ
10%:イートインで提供される飲食物
8%:弁当・惣菜

例③ 屋台・フードコート
10%:フードコートでの飲食
8%:椅子やテーブル等の設備が不要な軽食

例④ 給食・ケータリング
10%:ケータリング・出張料理
8%:学校給食や老人ホーム等の飲食物

例⑤ そば屋・ピザ屋
10%:店内飲食
8%:出前・宅配

 

「持ち帰って食べるもの」は8%と覚えておけば大体OKですね。
この軽減税率措置はスタート日は10月1日と決まってますが、終了日はまだ決まっていません。
お得に外食をするため、しばらくはテイクアウトが繁盛しそうですね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓