ダメな面接官が会社をダメにする

会社説明会、一次面接、二次面接、最終面接…正社員で就職する際には会社内の様々な人と面接する機会があります。
どこかに1人でも「ダメな面接官」が紛れ込んでいると良い人材を逃がしてしまい、会社にとって大きな機会損失になります。
人事だけでなく面接に立ち会う現場の方々も、やってはいけない行動4つをおさえて良い面接が出来るよう心がけましょう。

 

1.面接日の確定が遅い

社内で面接日の調整に時間をかけすぎて求職者への連絡が遅れ、せっかく調整したのにキャンセルされてしまうことがあります。
面接日の確定はとにかく迅速に行いましょう。

 

2.面接官が履歴書を読んでない

忙しい中時間を割いて面接するので履歴書に目を通す時間も惜しいのはわかりますが、求職者からすれば1人でも履歴書の内容を把握していない人がいると「この企業は自分に興味がないんだ」と思ってしまいます。
面接の質も下がり人材本来の良さも見いだせなくなってしまうので、面接に立ち会う人は必ず履歴書を見ましょう。

 

3.高圧的な態度

昔は買い手市場だったので高圧的な面接を乗り越えた人に内定を…の考え方が正しかったかもしれませんが、現代は違います。
求職者は面接の時点では『顧客』です。悪い面接をすればその悪評はすぐネットに広がります。
1人の面接官の態度が会社の信用を落とし、良い人材が集まらなくなってしまうので、自分が受けたからと言って高圧的なモラルに反する態度をとるのは絶対にやめましょう。

 

4.ネガティブな発言をする

ウチは子会社だから親会社が絶対で…残業や休出が多くて睡眠時間も少ない…
面接時に伝えることは重要ですが、ネガティブなニュアンスで説明するのはNGです。
子会社であれば「親会社がいるから安定している」だったり、残業が多ければ「残業代で稼げるよ」など、ポジティブな意味に変えて伝えましょう。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓