捺印と押印の違い

印鑑を押すときに「捺印」「押印」と2種類の言葉があります。
日常用語として「捺印」を、法律用語としては「押印」を使用することが多いようです。

また「名前+印鑑」の場合でも「署名」には「捺印」を、「記名」には「押印」を用いるなど細かい違いもあります。

「署名+捺印」「記名+押印」と覚えましょう。

 

署名と記名の違いですが、署名は直筆のサインのこと、記名は印字や代筆・ゴム印など本人以外が記した名前のことを指します。

呼び名の違いがある分、それぞれに効力の違いもあります。

①署名+捺印
最も効力がある。

②署名のみ
国際的にみれば効力は①と変わりませんが、日本国内では①ほどではないという認識です。

③記名+押印
②の署名と同等とされますが、署名の方が効力は上です。

④記名のみ
正式な効力は持ちません。

 

①~③は効力があるため気軽にサインや捺印・押印をしてしまうと後々問題になることがありますので気を付けましょう。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓