採用コストのあれこれ

採用コストは、企業の発展・存続には必要不可欠な経費です。
定年退職する人に対し新規入社する人の割合が少ない人口構造のため、「売り手市場」といわれるほど採用コストは年々増加の傾向にあります。

採用に関するコストは2つです。

1つ目は採用コスト。1人の従業員を雇うのにかかった費用です
コスト総額÷採用総数=採用コスト

2つ目は求人コスト。採用の有無に関わらず求人活動をする際にかかった費用です。
(求人情報誌への掲載費や、人材紹介会社への成功報酬など。ハローワークや口コミ、indeedは無料)
求人広告費÷採用人数=求人コスト

 

マイナビ発表による2018年度の製造業の全国平均ですが、新卒採用コストは56万円/人、中途採用コストは112万円/人です。

多額の採用コストがかかるため、余力のない中小企業はどうしても無料で使えるハローワークやindeedに頼らざるを得ません。
結果的に求人が溢れかえり、求人が埋もれてしまったり、欲しい人材がそもそもハローワーク・indeedを使わないで求職活動しているケースも非常に多いです。
求人誌に情報を載せれば応募があってもなくても費用は生じますし、indeedでは無料掲載だと検索順位がとても下がってしまうので閲覧すらされません。人材紹介会社を通じて雇用してもミスマッチで1年以内に退職してしまえば、採用コスト以上の損害となる可能性もあります。

 

当社BRICSは中小企業向けに、上記のコスト削減や雇用後退職のリスクを減らしつつ、求人企業が使える助成金を用いて「定着率の高い人材の確保」方法を提案しております。

詳しい内容は 055-939-8501(担当:高田) までお問合せください。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓