採用面接の裏側

採用面接はアルバイト・パートでしたら1回、正社員だと2~3回の面接があります。
アルバイト・パートは基本的に店長との面接なので特に対策は必要ありませんが、正社員の場合は面接のステップ毎に違う人が相手になるので、見られる部分も違ってきます。
1回でまとめられれば良いのですが、課長級・部長級・役員級の方々は多忙で面接を一人ずつ相手にする時間はないので、時間をかけて面接が行われます。

 

一次面接:人事担当者

書類選考を通ったあと一番最初に相手になるのは人事担当者(採用担当者)です。
人事の判断基準は「次の面接担当者に会わせられるか」です。
見られているのはビジネスマナー、身だしなみ、求人内容と応募者経歴のすり合わせ、など社会人として基本的なものを求められます。
大企業だと適性診断テストを兼ねていることもあり、これは面接ではなく書類で行われるケースもあります。

 

二次面接:現場責任者

入社した後、自分の上司になる人(課長~部長)が相手となる面接で、ここが一番重要です。
「経験・スキルは問題ないか」「既存の社員とうまくやれそうか「社風と応募者のビジョンに大きな違いはないか」など、とにかく厳しくチェックされます。
ここまで来ると面接対策どうこうより、いかに経歴や経験を上手く相手に伝えることができるかといったスキルが必要です。

 

最終面接:役員面接

殆どの企業で専務もしくは社長との面接になります。
ここは入社意思の最終チェックだけという意味が強く、対策は特に必要ありません。

 

時に、選考中に面接回数が当初の予定から増えたり減ったりすることがあります。

面接が増える
・違う部署の方が合うのではないかと判断され、違う現場責任者にも判断してもらうため(良い意味)
・合格点ギリギリで念のためもう一度面接したい(悪い意味)
・職歴や経歴に疑問が生じ確認したい(悪い意味)

面接が減る
・すぐにでも採用したいから早く内定を出したい(良い意味)
・二次、最終面接の担当者の予定が合わず、まとめて実施したい(深い意味はない)

面接回数が減った場合は良い意味であることが殆どですが、増えた場合はマイナス要素が強いケースが多いので気を引き締め直して面接に挑みましょう。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓