『メンバーシップ型雇用』と『ジョブ型雇用』

日本と欧米の働き方が違うことは有名です。
「新卒一括採用」という日本では当たり前の方法は、世界でも珍しい独自の雇用制度なのです。
これをメンバーシップ型雇用と呼び、欧米式をジョブ型雇用と呼びます。

メンバーシップ型雇用は「年功序列」「終身雇用」を前提としています。
最大の特徴は先に人を雇用してから仕事を割り振るという点です。
人員配置を会社主導で調整できる契約になっているため、異動・転勤・単身赴任など、労働者の人生もセットになった働き方となります。

メリットは雇用の安定が確保されていることです。
プロジェクトが中止になっても、別の部署へ異動し新しい仕事をすることができます。
会社都合による一方的な解雇はできず、リストラを行う際も退職金の上乗せなど金銭的メリットが伴います。

デメリットは「年功序列」「終身雇用」が今の時代に合わなくなってきたことです。
大企業でも倒産する時世となり、また様々な働き方が用意された現在では「好きなことをやりたい」「起業したい」「フリーランスとして活躍したい」といった考え方の人も増えています。

 

ジョブ型雇用は名前の通り「仕事に対して人が割り当てられる」雇用です。
メンバーシップ型は「会社」に属するのに対し、ジョブ型は「仕事=プロジェクト」に属します

メリットは仕事のゴールが明確であるため、柔軟な働き方が出来ることです。
成果で報酬が決まるため一人ひとりが能力を向上させ、高い生産性を自然と求めるような仕組みになっています。
短時間でプロジェクトを完了させればそれだけ自分の時間を増やすことが出来ます。

デメリットはプロジェクトが完了したら仕事が無くなったり、仕事は無くならないが昇給・昇格の機会が少ないことです。
キャリアアップをするにはまた別の『ジョブ』に就く必要があるため、同じ仕事を続けていくにも転職する必要が生じることがあります。

 

日本での正社員はメンバーシップ型雇用、派遣社員や契約社員はジョブ型雇用の傾向が高いですね。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓