新入社員の7割は仕事に「やりがい」を求めている

入社2年目までの若手正社員の約7割は仕事に対し「やりがい」を求めています。

やりがいのTOP3は
1.仕事の成果を認められる
2.仕事をやり遂げる
3.自分の成長を感じる
となっています。

新入社員が定着しない企業は、約7割の求める「やりがい」を満たせていないのが原因かもしれません。

新入社員を躾けるつもりで「それぐらい出来て当たり前」「いつまでも面倒を見てしまう」「仕事の裁量が変わらない」など、知らず知らずに現場の管理者がやってしまってないでしょうか。

売り手市場の今、中途採用のコストはどんどん上がっています。
採用コストを大きくかけられない企業は、新入社員を自社で上手に育てるしかありません。
「代わりはいくらでもいる」時代は終わりました。離職者が多い現場は作業内容ではなく、管理者のマネジメント力不足が一因かもしれません。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓