転職した後は気をつけて!「嫌われない人」になろう

今や終身雇用制度は終わり、転職が当たり前の時代になってきました。
「自分に合った会社」を見つけて入社できたとしても、「職場が自分に合う」かどうかは、また別の話となります。

せっかく入社したのに第一印象で悪いイメージを与えてしまい、職場で浮いてしまったり、早期退職のキッカケになるケースもあります。

転職した後に取るべき行動を抑えておきましょう。

 

・前の会社のやり方は忘れる

新しい職場の方針や同僚からのアドバイスを無視し、「今まで自分はこれでやってきた」と我を押し通すことは、良いことではありません。
今までのやり方は今までの環境あっての成功体験ですので、新しい環境では「郷に入りては郷に従え」を心がけましょう。

 

・質問をする

年齢の高さを気にして、年下の先輩に「恥ずかしいから」と思ってしまったり、「忙しそうだから邪魔かな」と遠慮して質問をしない人が結構多いです。
わからないまま進めてしまうと、後々大きな問題に繋がる恐れがあります。
転職直後はむしろ質問しても快く答えてくれる状態なので、質問のチャンスなのです。

 

・率先して動く

新しい仕事、新しい職場のやり方を覚えるためにも、何かあれば率先して動きましょう。
新しく入ってきた人がバリバリ仕事をやっている姿は周囲にも良い影響を多く与えます。

 

・笑顔で挨拶

挨拶は基本中の基本ですが、笑顔で挨拶をしましょう。
良い第一印象を与えられれば、先輩や上司から人間的に好かれるようになり、結果的に仕事が上手くいくようになります。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓