10月22日が祝日なのは今年限り。御即位とは?

10月22日即位礼正殿の儀の日として、国民の休日(祝日)です。
この即位礼正殿の儀とは、即位の礼の中心となる、即位した天皇陛下が日本国の内外に即位を宣明する儀式です。

諸外国における戴冠式(国王・皇帝制の国)にあたり、皇居宮殿で執り行なわれます。
このため国内外から賓客が招かれ、国家元首や首脳が参列されます。

今までは天皇陛下が退位される際に「退位礼正殿の儀」が行われ、皇太子殿下の即位の日には「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」が行われました。
今回のように天皇陛下の退位と皇太子殿下の即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことで、戦後日本国憲法が定められてから初めてのことです。

国民の祝意を示すため、5月1日の退位の日と10月22日の即位の日が2019年限定で祝日に定められました。

 

なお即位礼正殿の儀は「饗宴の儀」という祝福の国の儀式として、宮中にて10月22日、25日、29日、31日に行われます。

ここで紹介した儀式以外にも皇位継承に再しては様々な儀式がありますので、興味を持たれた方は宮内庁のHPなどをご覧ください。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓