紅葉は綺麗だけど、なぜ紅葉するのでしょう?

11月に入った途端、寒暖の差が激しくなり紅葉し始めている山々も増えてきました。
秋といえば月見や赤とんぼ、紅葉のイメージですよね。
紅葉がなぜ起きるのか、そのメカニズムを知っている人は意外と少ないです。

 

春夏の気温の高い時期に葉は多くの日光を浴びてクロロフィル(葉緑素)と呼ばれる成分が栄養分を作り出します。
これを総称して「光合成」と呼びます。

しかし秋になり気温が下がり始め日照時間も減り始めると、光合成から受けられるエネルギーが小さくなり、木が葉を維持するためのエネルギー量と採算が合わなくなってしまいます。

そのため、耐えきれなくなった木は葉っぱを落とすための準備を始めます。
その過程で葉の色の変化が起きるのです。

 

紅葉は樹木の種類によって赤く染まるものと黄色く染まるものがありますが、いずれの樹木も「緑→黄→赤」の順に変化していきます。

黄はイチョウ、赤はモミジのイメージですよね。

 

寒くなり葉が光合成を停止すると、クロロフィル(葉緑素)が減っていきます。
もともと葉にはクロロフィルの他に、クロロフィルのサポート役としてカロチノイドという成分が含まれています。

光合成活動の定価でクロロフィルが分解されると緑色の色素が薄くなります。
すると次に多く残っているカロチノイドの黄色が目立つようになります
これが、葉が黄色くなる仕組みです。

 

次に黄色が赤色になる仕組みは、アントシアニンという赤い色素が新しく作られることによって起こります。

気温が急激に低くなると、光を受けてエネルギー変換する働きと、そのエネルギーを使って養分をつくる動きの連携プレーのバランスが崩れていきます。
そうすると葉はそのバランスを保つために、赤い色素のアントシアニンを形成し、落葉ぎりぎりまで光合成を続けようとします。

つまり、強い冷え込みが赤い色づきを作っているのです。
また赤い葉は、もうすぐ落葉するサインでもあります。

 

これから紅葉狩りのシーズンですので、このメカニズムを知った上で観察すると新たしい気づきがあるかもしれませんね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓