営業研修はテレアポから?

大手企業の研修を終えた新人営業マンがいよいよ顧客の相手をし始める時期です。
先輩の担当する既存顧客を受け継ぐこともあれば、新規開拓としてテレアポや飛び込み営業から始めるなど、会社ごとに方法は異なるでしょう。

失敗したときのリスクやミスを許して貰いやすいテレアポが登竜門として一番使われやすいでしょう。
電話を受ける側としては99%は迷惑なので「お断り」ですが、営業マンの研修という目線からは非常に効果的です。

 

学生と社会人の大きな違いはコミュニティの範囲です。

学生時代はクラスメイト、サークル仲間といった自分に合った・合わせてくれる狭いコミュニティだけで生活ができますが、社会人は既に出来上がった広いコミュニティの中で「いかに自分と付き合うことでメリットが生じるか」を上手くアピールできるか、提案できるか、新しい価値を生み出せるか、といった全く違う行動が必須です。

一方的に自分のアピールをするだけではなく、相手の課題を聞き出し、解決策を考え、それを提案するというテレアポは営業に必要な基本的な要素が詰まっています。

 

断られることが多いと自己を否定されているような気持になり、営業マンライフを諦めてしまう人も少なくありませんが、相手の話を聞き受入れ、自分を変化させていけるとポジティブに考えられれば、きっと楽しい営業マンライフを過ごせることでしょう。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓