意外と歴史が深い!七草粥の話

「人日(じんじつ)の節句」である本日、1月7日に食べる七草粥ですが、その歴史は実はとても深いものです。

由来は日本ではなく中国で、昔の中国では正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占うという風習が「人日」でした。
その日が晴天なら吉、雨天ならば凶の施しであるとされる占いです。

人の日である1日7日に無明息災を祈り、初春の野に咲く生命力のある野草を食べることで邪気を祓うと考えられていたとされます。

 

日本には平安時代初期に宮中の行事として輸入され、江戸時代になってから庶民に広がりました。
輸入当時の七草粥は今と違い「七種粥」と言われ、材料は「米・粟・きび・ひえ・みの・ごま・小豆」と今とは全く異なるものでした。

今の「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」になったのは鎌倉時代になってからだと言われています。

 

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓