[節分] マメの豆知識

2月3日は「節分」ですね。

近年はコンビニ業界の戦略で、関西文化だった恵方巻きが全国展開され、一般家庭にも馴染みつつあります。
地域によって差がある節分の風習と、節分の正しい知識をこの機会に知ってみましょう。

 

節分とは、平安時代(約1,000年前)に宮中で始まった文化です。

「節分」は読んで字の如く、「季節の分かれ目」をさします。
季節の変わり目は厄が入りやすいとされていて、邪気を追い払うための行事が季節の変わる日の1日前に行われていました。
昔は春夏秋冬のそれぞれに節分が設けられていましたが、江戸時代に「立春(2月4日)」が定着すると、以降、節分は年に1回、2月3日のみに行われるようになり、冬の節分行事だった「鬼は外、福は内」だけが残り今に伝えられています。

昔は男性のみが豆まきをする権利をもっていましたが、いつの時代からか老若男女問わず行えるように変化しました。
豆まきをした後、年齢から一つひいた数の豆を食べ、一年の無病息災をお祈りする文化もいつの間にか一般的になりました。

 

恵方巻きが関西の節分の主役であるように、地域によって節分の行事内容は様々です。

 

【関西地域】
「福を巻き込む」意味を込め、恵方巻きを食べます。

 

【京都】
京都は独自の歴史が長く継承されていて、イワシを食べるのが節分の行事内容となります。
イワシのにおいは鬼を追い払うと考えられていて、「鬼は外」がメインとなっています。

 

【群馬県鬼石町(現在は合併して藤岡市)】
鬼石地区では、「福は内、鬼は内」と、あえて鬼を招き入れる掛け声をしています。
地名の由来が「鬼が投げた石でできた町」と鬼に由来があります。
鬼も人間と同じように良い鬼と悪い鬼がいるとされている地域で、良い鬼を家に招くために鬼は内と掛け声が変化したようです。

 

【北海道、東北、信越地方】
大豆ではなく落花生を投げます。殻がついたまま。北海道が最も後発で、約60年前から行うようになったとか。
雪の多い地域では雪の中にまいた豆を拾うのが大変なため、拾いやすい落花生が使われるようになりました。殻付きのまま投げるので衛生的でもあります。
当たったら痛そうですね…

 

現代社会では迷信と言われてお終いですが、1200年も続いている文化なのでこれからも大切にし、後世に残していくのも我々現代人の使命であります。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓