スポーツ選手には遅生まれが多い?早生まれは損?

スポーツ選手には早生まれが少ない=遅生まれが多いと言われています。

特に野球やサッカーなど人気のある団体競技は、幼少期から始めることが多い上、体格の差が出やすいため、早生まれは月齢的に不利という理由があります。

しかし中学・高校となれば早生まれ・遅生まれはあまり関係なくなりますが、幼少期の経験がその後の人生に大きく影響を与えます。

幼少期に「良い成績を出した」「勝った」といった体験が個人の自信へと繋がり、『得意=好き』といった認識が生まれます。

そのため中学・高校で団体競技をやる子も、楽しい経験を数多くしている遅生まれの方が多い、といった背景があります。

 

逆に個人競技だったり、幼少チームのないような団体競技では、遅生まれ・早生まれの差がつきにくいため、誕生日による差は少ない傾向があります。

子育てにおいては、損得を考える必要はありません。
子供が好きなことをやらせてあげ、探究心を身につけさせてあげることが、将来の財産となります。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓