バレンタインの歴史

バレンタインデーは、1207年2月14日、当時のローマ皇帝が結婚を禁じたのに反対して処刑された、ヴァレンチノ司祭を祭る日に由来しています。

当時のローマは士気が下がり軍事力が弱まるのを懸念し、結婚を禁止していました。
キリスト教の司祭だったヴァレンチノが皇帝に秘密で若者たちの結婚を行なっていたため、怒った皇帝はヴァレンチノをローマ教に改宗させようとしました。

ところがヴァレンチノは愛の尊さを説き皇帝に抵抗したため、2月14日に処刑されてしまったのです。

後世の人々はヴァレンチノ司祭の勇気ある行動に感動し、「聖バレンタイン」と、恋人の守護神として祭るようになりました。
処刑日である2月14日を「聖バレンタインデー」と呼ぶようになったのは、このような悲しい歴史の上にあります。

 

バレンタインデーは14世紀頃から男女の恋愛に結びつけられるようになり、日本には戦後、アメリカから伝えられたと言われています。

海外のバレンタインでは恋人たちの間でハート型のプレゼントを贈りあったり、キューピッドなどの絵を描いたラブレターを贈る風習があります。

一度やぶれた恋も、聖バレンタインに祈れば、もとに戻るとも伝えられ、この日は女性から男性に愛の告白をしても許される唯一の日ともされています。

 

日本では女性から男性にチョコレートを渡すのが風習になっていますね。
日本にバレンタインが入ってきた時期が戦後というのを加味すると、「ギブミーチョコレート」といって、当時大流行したチョコが結びついているのかもしれませんね。

本命チョコ、義理チョコと独自の文化を発展させている日本ですが、その根っこには上記の聖ヴァレンチノ司祭の説いが残されているのは、とても感慨深いものですね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓