広告代理店と広告制作会社の違い

私たちが普段目にしている広告は、広告代理店や広告制作会社といった企業が関わって作成しています。
では、広告代理店と広告制作会社の違いは何でしょうか。

 

広告代理店とは

広告代理店とは、広告を出したい企業と広告を制作・掲載する企業とを繋ぎ、仲介を担う企業のことです。
一般的に「広告会社」というと、広告代理店のことを指します。

広告代理店はテレビのCM枠や新聞・雑誌の広告枠を企業に売るという仕事の他に、広告制作の企画や指示なども行なっています。
制作部門を設け専任のデザイナーなどが所属している広告代理店もありますが、広告制作会社や下請けの代理店などと広告制作を行う場合もあります。

広告代理店には、大手の総合広告代理店や、ITや医療・人材など特定の分野に特化した専門広告代理店とがあります。

 

広告制作会社とは

広告制作会社とは、広告の企画、制作を行い広告物を提供する企業のことです。
広告制作会社は発注主からの依頼に対して、どのような広告を作るのかを企画し、キャッチコピーやデザインを考え、最終的に広告物を完成させます。

広告制作会社の仕事は、広告代理店から広告の制作を依頼される場合と、広告を出したい企業から広告の制作を直接依頼される場合の2通りがあります。

広告代理店から依頼される場合、代理店の下請け的な側面をもっているといえ、制作実務を担当するのが一般的です。
代理店から依頼される仕事はCMなど金額の大きな案件が多いといえます。

企業から直接依頼される場合は、広告の企画から制作まで一手に引き受けることになります。
また、代理店を挟まないため直接企業の意見を聞くことができ、その意見を広告に反映することが可能です。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓