石の気持ち

「石の上にも三年」よく使う言葉です。
つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるという意味です。

「冷たい石でも長い間居座り続ければ、暖まってくる」から転じた言葉ですが、見方によっては全く違う見え方をしてきます。
それが”石の気持ち”です。

3年も上に乗られて文句1つ言わない石の方が辛抱強くありませんか。
他に例えるならば、幸運を呼ぶ四つ葉のクローバーを探すために、いくつ三つ葉のクローバーをふみつけましたか?

自分に子供ができて初めて親のありがたさに気づくのと同じで、3年間あなたの周囲にいた人がどれだけあなたを助けてくれていたか、考えたことがあるでしょうか。

石の気持ちになりましょう。

カテゴリー:TOPICS, 人材派遣事業部
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓