行き過ぎた自粛『自粛警察』

GWが終わり、39県が今月末に緊急事態宣言が解除されるなど、またいつもの日常が戻ってくる兆しが見えてきました。

しかしコロナウイルス感染拡大防止のための”自粛”を、行き過ぎた行為を『善』として活動している『自粛警察』なる方々がいるのをご存知でしょうか。

画像の通り、営業自粛をしていない店舗に対しての誹謗中傷、威力業務妨害、偽計業務妨害といった立派な”犯罪行為”を「自粛していないから」を盾にして行う市民が増えてきています。
自粛疲れによるストレスのはけ口が、間違った方向に向かっているのです。

例えば、ライブハウスが『オンライン配信』をするために店員たちだけでネット配信の演奏を行なっていたところ、「営業するなら火をつける」といった自粛警察の誤った認識からくる行為も多々起きてトラブルとなっています。

同じ市民同士、異議申し立てをするのであれば、匿名ではなく実名で向かい合いましょう。
日本は法治国家です。匿名であっても、犯罪行為は犯罪です。

納得いかない気持ちもわかりますが、人間誰でも家族が、守る人がいるはずです。
その気持ちを忘れないでいましょう。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓