苗字・名字・姓の違い

同じものを表す言葉が複数存在するのは、よくあるケースです。
日本語が難しいとされる所以も、そこにあったりします。

今回は『名前』の「みょうじ」についてです。

 

【苗字】 家の名。
この表記は最近では減ってきましたが、苗字が一般に普及した江戸時代はこの字がよく使われていました。
「苗字」の「苗」は「なえ」を表しますが、「遠い子孫」「末裔」といった意味も持っています。
”家が代々続くように”と意味を込めて、苗字という漢字が当てられたとされています。

 

【名字】 家の名。
上記の苗字と同じ意味です。
実は苗字よりも古くから使われていて、土地にちなんでつけられていました。
例えば、伊賀(見え県西部)にいる藤原氏であれば、「伊藤」という名字になります。
当時、武士が所有していた土地=「名田(みょうでん)」からきています。

苗字は血縁に由来し、名字は地縁に由来しています。
同じファミリーネームでもルーツが違うのは面白いですね。

 

【姓】 家の名。
こちらも同じく、上記2つと同じ意味ですが、名字よりも古くから使われてきた文字です。
主に朝廷や天皇だけが使用できる特別な名前で、「朝廷での役職」がルーツとなっています。

 

珍しい苗字が少ないのは、歴史が古いからか、特殊な土地に祖先が住んでいたからなのか、知ることができたら面白いですね。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓