キッカケは遠距離恋愛用だった『Zoom』

外出自粛により、世界中で一気に普及した『Zoom』。
簡単にビデオ通話ができ、尚且つ無料で公開されたことから爆発的に利用者が増えました。

実は『Zoom』の裏側には、創業者の恋愛事情があったのです。

創業者のエリック・ユアン氏は学生時代にガールフレンドと遠距離恋愛になってしまい、年2回、電車で10時間かけて彼女に会いにいっていました。
大学1年生の時に、「離れていてもすぐに会話ができるものがないか必死で考えたアイデア」がZoomでした。

今や時価総額6兆円を超えるZoomですが、エリック氏は「ビル・ゲイツらのように賢く使いたい」として学校への寄付を表明しています。

カテゴリー:TOPICS
BRICS facebookページ BRICS twitter BRICS Instagram BRICS LINE@
↓